神経を抜いた歯が『うずく』と感じたら

神経を抜いた歯が『うずく』と感じたら

目次

神経を抜いた歯がうずく・痛む原因とは
神経を抜いた歯が痛くなる場合の症状
実は難易度が高い抜髄治療(歯の神経の治療)
マイクロスコープを活用して行われる精密な抜髄治療とは

 

神経を抜いた歯がうずく・痛む原因とは

 

【歯の根が割れている場合】

 
神経を抜いた歯はもろくなっているので、力がかかった時に歯の根の部分がひび割れてしまうことがあります。
 
歯の根が割れていると歯の神経がなくても痛みがでてきます。
 

【神経が残っている場合】

 
歯の神治療を行った際、様々な理由から歯の先端部分の細い神経が少し残ってしまうことがあります。
 
この場合には比較的早く症状が出ることが多く、処置が終わった後から1年程度で痛みがでることが多いようです。
 

【根の中の詰め物にすき間があった場合】

 
神経治療をした後には、神経が入っていた部分を満たす詰め物を詰めるのですが、根の先の部分にすき間ができてしまうと細菌が繁殖しやすくなってしまい、そこに膿を持ってしまうことがあります。
 
通常、進行はそれほど早くはないのですが、徐々に根の先に炎症が出て数年単位で膿がたまることが多いです。
 

【歯と歯ぐきを支える膜に炎症がおきている】

 
歯の根の周囲にある歯を支えるクッションの役割をしている膜のことを歯根膜といいます。
 
この歯根膜は食事をする時にかむ刺激を受け止める働きがあります。
 
歯の根の治療をした後にかむと痛みが出る場合には、歯根膜の炎症の可能性があります。
 

【歯の根の中に膿が溜まっている】

 
歯の根の治療は根の中がキレイになるまで繰り返し行います。
 
その間仮詰めで蓋をしているので、治療期間が次の来院指示からあいてしまうと根の先に膿が溜まってきて、それが排出できず痛みが出ることがあります。
 
根の治療を行い、膿出しをすれば、徐々に痛みは落ち着いていきます。
 

【麻酔が切れた後の痛みを感じる】

 
神経を取る治療をしている時には麻酔をしているので、通常痛みを感じることはありません。
 
麻酔が切れた後に神経の処置をしたところが刺激を受けて痛みが出ることがあります。
 
それは、神経処置をした部分が、いわゆる切り傷状態になっているからです。
 
しかし、それは一時的な症状が多く、鎮静剤で落ち着かせることができますし、2、3日で落ち着いてくることがほとんどです。
 
 

神経を抜いた歯が痛くなる場合の症状

 

【食事すると痛い】

 
神経を取ったはずの歯が食事をする時にかむと痛みを感じるようになることがあります。
 
ただ、虫歯の時とは違い、冷たいものがしみることはありません。
 
食事をしてかむと痛みが出る症状は、神経処置後の初期症状として比較的出やすいです。
 

【歯ぐきが腫れる】

 
かむと痛みが出て、落ち着いたり痛みが出たりを繰り返していると歯の根の先の部分の相当するあたりの歯茎がぷくっと腫れてくることがあります。
 
この部分が腫れている間は痛みがありますが、膿が出てしまうと痛みが落ち着いてきます。
 
おできのような形をしていることもあります。
 

【歯が重い感じがして違和感がある】

 
体調が悪い時や睡眠不足の時など、歯や歯ぐきの部分が重い感じがして違和感が出ることがあります。
 
体調が落ち着いてくると元に戻り、体調の変化で重い感じが出るなど繰り返すことが多いです。
 
 

実は難易度が高い抜髄治療(歯の神経の治療)

 
虫歯が神経の近くまで達していると神経の除去治療をする必要がありますが、この治療はかなり難しい治療と言えます。
 
歯の根の形は複雑に曲がった形をしており、器具を先端まで入れることが難しい場合も少なくありません。
 
特に奥歯は根が細い上に3~4本あり、真っすぐではなく、器具も入りにくい場所です。
 
根の治療は一般的に行われている治療ですが、難易度が高く、厳密に細菌を除去しないと根の先が膿むことを繰り返して、その度ごとに治療が必要になってしまうことも多い治療です。
 
そのため、根の治療は正確に行う技術力が大切です。
 
 

マイクロスコープを活用して行われる精密な抜髄治療とは

 
マイクロスコープとは歯科用顕微鏡で、見たい部分を最大20倍程度に拡大ができます。
 
それを使えば、肉眼で見えない部分が見えるようになるので、精密な治療が必要とされる根の中の治療をする時に効果を発揮してくれます。
 
根の中の治療には、虫歯などの細菌をすべてキレイにして除菌する必要があります。
 
ただ、根の中はそれぞれ違っていて、複雑な形をしており肉眼で見るには限界があります。
 
 
マイクロスコープでは根の中も見ることができるので、精密な治療を行うことができます。
 
根の治療は難易度の高い治療なので、拡大視野を手に入れることができ、手元も見やすいようにLEDで照明の役割をしてくれるので施術している所をしっかり確認できます。
 
また、マイクロスコープは録画することもできるので記録に取ることができ、患者様に説明ができます。
 
どのような治療をしているか、実際に見てもらうことで説明がしやすく、患者様にもわかりやすくお伝えができます。
 
 
マイクロスコープを用いた治療は、より精密な治療を行うことができるため、根の中をキレイにして再度治療を行わないようにするために効果を発揮してくれます。
 
 

マンガへ

説明動画へ

掲載をご希望の医院様用お問い合わせフォームへ

歯科のホームページ制作|ゼロメディカル

ページ上部へ戻る

© 2016 歯医者の選び方・見分け方が変わる デンタルマイクロスコープClinic