歯の根の治療(根管治療)で痛いと感じる理由|治療中・治療後の痛みを解説

歯の根の治療(根管治療)で痛いと感じる理由|治療中・治療後の痛みを解説

目次

1.歯の根の治療(根管治療)とは、どんな治療法なのか
2.根管治療時に感じる痛み
3.根管治療後に感じる痛み
4.根管治療で歯を残した方がいい理由とは
 
 
「歯の根の治療(根管治療)を行うときに、痛みを伴う」と聞いたことがある方は、少なくないでしょう。
 
しかし、根管治療に痛みが出ることには理由があり、また根管治療は歯の健康状態を守るためには必要な手段です。
 
そこで今回は、根管治療で痛みを感じる理由や治療中・治療後の痛み、痛みを感じる場合の対処法について解説します。
 

1.歯の根の治療(根管治療)とは、どんな治療法なのか

 
まず根管治療とは、文字通り歯の根を治療する歯科治療のことです。
 
虫歯が進行した結果、虫歯菌が歯の根にまで達した場合、ズキズキとした痛みや冷たいものや熱いものを食べたり飲んだりしたときのしみる感覚、噛んだときの強い痛みなど、さまざまな症状があらわれます。
 
状態が悪化するにつれて神経が死んでしまい、痛みすら感じなくなることもあります。
 
このような状態になると症状が自然に改善されないため、歯の根をきれいにする根管治療が必要です。
 

【根管治療の手順】

 
歯科医院・クリニックで行われる根管治療は、以下の手順で進められます。

  • レントゲン検査で状態を確認し、根管治療の必要性や治療後の状態を判断する
  • 詰め物や被せ物を取り外す
  • 歯の神経の入り口を整え、また道筋を清潔な状態にする
  • 歯の根を閉じ、虫歯で失われた歯を補い、被せ物をする

歯の場所にもよりますが、平均的には少なくとも2回、多い場合には8回の通院が必要になります。
 

2.根管治療時に感じる痛み

 
根管治療を受ける際、ほとんどのケースでは歯の神経が失われているために痛みを感じませんが、根管治療中に痛みを感じる方も多いです。
 
患部や周辺が知覚過敏になっているか、神経の一部が残っていることが理由だと考えられています。
 

【痛みを感じたら麻酔や痛み止めで対応】

 
根管治療は歯の神経を抜く処置が必要となるため、基本的には麻酔を使って治療中の痛みを抑えます。
 
麻酔で痛みが緩和されない場合には、神経が出てくるまで痛みをこらえ、歯の神経に麻酔を使うことが多いです。
 
ここではかなりの痛みが出ると予想されるため、痛み止めの薬を使って痛みを抑え、落ち着いてきたら歯の神経を抜く手順に進みます。
 

3.根管治療後に感じる痛み

 
根管治療後に痛みが出る場合、噛むと痛みが出るケースと腫れと痛みが出るケース、薬を入れた後に痛みが出るケースがあり、それぞれ適した対応が異なります。
 

【1】噛むと痛みが生じるケース

 
噛んだときや歯に物が当たったときに痛みが出る場合、歯に触れるものを判断する薄いクッション『歯根膜』の炎症が原因です。
 
かみ合わせを調整するか、痛み止めの服用で痛みを抑えていきます。
 

【2】腫れと痛みが出るケース

 
細菌や細菌の残骸が歯の骨の中に蓄積され、膿が出て痛みを感じるケースも多いです。
 
根管治療によって細菌の量が少なくなり、身体が膿を外に出そうとしています。
 
この場合は抗生物質や痛み止めで症状を軽くする処置がとられます。
 

【3】薬を入れた後に痛みが出るケース

 
薬を入れた後に痛みが出る理由は、薬を歯の根の中に詰めたとき、空気の侵入予防として圧力をかけたためです。
 
2日から3日ほど痛みを感じる方が多いですが、その後には痛みが軽くなっていきます。
 
痛みが強ければ痛み止めを飲むか、患部で噛まないように気をつけながら食事をとるようにしましょう。
 

4.根管治療で歯を残した方がいい理由とは

 
根管治療は治療中も治療後も痛みを伴いますが、天然の歯を残すためには、やはり根管治療は必要です。
 
虫歯が重症化すると、患部の歯を抜かなければならなくなります。
 
歯は一度抜くと元に戻らず、入れ歯やインプラントで補わなければなりません。
 
しかしそれらの手段でも天然の歯の機能性や耐久性には劣るため、可能である限りは天然の歯を残したほうが良いと言えます。
 
だからこそ、歯の神経を抜いたり多少の痛みが生じたりしても、根管治療が必要となります。
 
 
また歯の神経を抜いたとしても、歯自体はなくなりません。
 
歯質そのものは残り、きちんとケアしていれば長く使い続けることができます。
 
そのような意味でも、虫歯による侵食を防いで歯の根を消毒する根管治療は、受けておいたほうが賢明です。
 
 
以上、根管治療で痛みを感じる理由や対処法、治療の意味について解説しました。
 
治療中や治療後の痛みを考えると、つい避けてしまいたくなるものですが、状態を放置しているとさらに大変な結果に見舞われることになります。
 
痛み自体は麻酔や痛み止め、時間によって軽快していくため、少し勇気を出して根管治療を受け、今後の歯の健康状態を守りましょう。
 

マンガへ

説明動画へ

掲載をご希望の医院様用お問い合わせフォームへ

歯科のホームページ制作|ゼロメディカル

ページ上部へ戻る

© 2016 歯医者の選び方・見分け方が変わる デンタルマイクロスコープClinic