福岡県のマイクロスコープ導入歯科医院 あおき歯科クリニック


あおき歯科クリニック

マイクロスコープを活用した
精密治療の取り組み

当院の診療ポリシーは、「生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)の向上につながる歯科医療の提供」です。そのため、重視しているのが「予防」と「精密治療」への取り組みとなります。適切な予防をすることで、治療の必要がない状態を保つことが何よりも大切ですが、もし治療が必要になった場合に、マイクロスコープを用いた拡大視野での精密治療が役立ちます。
 
肉眼では難しかった根管治療などの成功率を高められるほか、本当に削らないといけない部分だけを削ることが出来る「低侵襲な治療」を実現することで、大切な歯を極力残していけます。また、低侵襲のため患者さんにとって負担が少なく、より良い結果に結びつきます。
 
当院では、2015年にマイクロスコープとともに、動画再生システム(カリーナシステム)を導入しています。ご希望される患者さんには、全ての治療工程を記録・撮影し、治療前・治療中・治療後の口腔内の状況を必ずお見せしています。マイクロスコープを活用した治療は、精密に治療を進めるため、1回の治療時間を長く取らせて頂きますが、その分、全体の治療期間の短縮に繋がります。

導入初期から継続する
技術研鑽

マイクロスコープには、「チェッキングビュー」と「ワーキングビュー」という2種類の活用法が存在します。肉眼で治療を行い、口腔内の状態を確認するためだけに活用するのが「チェッキングビュー」です。一方、治療から確認まで全ての工程にマイクロスコープを活用するのが「ワーキングビュー」となります。
 
マイクロスコープは、徐々に歯科医療界に広がりを見せていますが、当院でも導入初期は「チェッキングビュー」での活用で精一杯でした。その背景には、ミラーテクニックの習得をはじめとした、歯科医療従事者側の技術的な壁があるためです。
 
その後、精密治療に関するセミナーへの参加、所属スタディグループでの症例発表など、継続して技術研鑽を重ね、現在では、「ワーキングビュー」での活用法を取り入れています。
  
これからも歯科医療界における精密治療は日々、進歩していくでしょう。今後も最新の情報・技術を取り入れながら、日々の診療に最大限活かしていけるよう、努めてまいります。

あおき歯科クリニックで
導入されている
マイクロスコープシステム


OPMI pico MORA
マイクロスコープを活用することで、暗く見えづらかった口腔内を、約20倍程度まで拡大でき、明るく照らして見ることが可能です。
当院では、カールツァイス社製の「OPMI pico MORA」を導入しています。本機種には、視点が動かずに鏡胴だけを傾ける「モラー機能」が付いており、スムーズな診療に欠かすことが出来ない機能です。
また、カールツァイス社製は、光学系(レンズ)が優れているため、明るく鮮明に見えるのがメリットとして挙げられます。
 

ADMENIC DVP2(カリーナシステム)
ADMENIC DVP2(カリーナシステム)は、マイクロスコープを用いた歯科診療の映像記録と、患者さんへの説明を行うためのプレゼンテーションシステムです。
動画にサムネイルを入れられるため、瞬時に見せたいポイントを再生することが可能です。
また、患者さんへの口腔内の状況・治療内容の説明のみだけでなく、チーム医療を実現するために、スタッフ間で情報を共有するうえで、欠かせないツールです。

ドクター紹介

あおき歯科クリニック
Aoki Dental Clinic

院長青木 隆宜

医院概要

あおき歯科クリニック

〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜3-2-7 メディコプラザ香椎浜内

TEL 092-672-8110
URL http://www.apollonia-dc.com/

営業時間 日・祝
09:00~13:00 ×
14:30~19:00 × × ×
※第3土曜日は休診となります(不定期)

マンガへ

説明動画へ

掲載をご希望の医院様用お問い合わせフォームへ

ページ上部へ戻る

© 2016 歯医者の選び方・見分け方が変わる デンタルマイクロスコープClinic