虫歯の放置が招く歯髄炎。さらに放置してしまうと…

虫歯の放置が招く歯髄炎。さらに放置してしまうと…

目次

虫歯の放置が招く歯髄炎とは
歯髄炎で引き起こされる症状
歯髄炎の治療法とは
歯髄炎を放置してしまうと…

 

虫歯の放置が招く歯髄炎とは

 
小さな虫歯でも最初は少しの痛みだと思って放置しておくと、だんだん進行して神経に近い部分まで進んでしまうことがあります。
 
歯の神経は、虫歯などの侵襲があった時にさまざまな症状で知らせてくれます。ちなみに歯の中にある神経のことを歯髄といいます。
 
 
歯髄炎(歯の神経が炎症を起こしている状態)の原因として代表的なものが虫歯で、神経の近くまで達してしまうと強い痛みが出ます。
 
軽度の炎症の場合には神経の生死に影響はありませんが、重度の炎症になると歯髄にダメージを与えて歯髄が死んでしまう可能性があります。
 
 
また、歯髄炎を放置して進行すると、歯髄が死んでしまい、いわゆる根腐れを起こし、根の先に膿がたまる『根尖性歯周炎』に進行することがあります。
 
根の先に膿がたまるとガスが発生し、内圧が上がり、痛みが強く出ることが多いです。
 
また、それを治療せずに放置してしまうと、根の先の増殖した菌があごや副鼻腔などにまで感染を広げるリスクもあるので気をつけましょう。
 
 

歯髄炎で引き起こされる症状

 
歯髄炎の初期の症状は冷たいものがしみることが多く、食事などでかむと痛みが出てきます。
 
進行すると、熱いものがしみたり、何もしていなくてもズキズキ痛みが出ることもあります。
 
 
歯髄炎の症状には、かんだりする時に違和感があるなどの慢性症状と何もしていなくても痛みが出る急性の症状があります。
 
痛みの症状の変化は、
 
・冷たいものがしみる
・熱いものがしみる
 
といった順ですが、そのほか、
 
・食事などでかむと痛みがでる
・何もしていなくても自発痛がある
・夜間痛が出る
 
といった症状を伴うことがあります。
 
痛みの症状で、冷たいものがしみる程度の時には、虫歯の部分を除去して詰め物をすると治療が終わることが多いです。
 
熱いものがしみるようになると、神経の中に虫歯菌が侵入していることが多く、感染した神経を取り除く治療が必要になるケースが多くなります。
 
そのため、冷たいものがしみるようになったらすぐに治療をすることが望ましいです。
 
 

歯髄炎の治療法とは

 
歯髄の炎症の程度によりますが、まずは虫歯を取り除き、歯髄を残すことができる場合には、その穴の充填を行います。
 
虫歯の部分を取り除いて、歯髄への刺激がなくなると炎症が落ち着き、症状がなくなります。
 
 
また、虫歯を除去した際に、歯髄が出てきてしまった場合、その範囲が小さければ、自費治療で費用はかかりますが、歯髄を保存する効果を発揮してくれるMTAセメントを用いた治療法が適用になることがあります。
 
歯髄の出てきた部位をMTAセメントで被覆して保護すると、高い接着力で歯髄を温存しやすくします。
 
 
歯髄を残すことが難しい場合には、根の中の神経除去治療が必要となります。細菌感染した歯髄を取り除く治療をします。
 
虫歯の部分や歯髄を除去して、根の中の清掃と消毒を繰り返して、そこをキレイにして、最後にそこを満たす薬剤を詰めていきます。
 
ただ、根の形状は個人差があって異なり、根の中を直接目で確認するのが難しいので難易度の高い治療と言えます。
 
もし洗浄や消毒が不足して、細菌が残ってしまうと、その細菌が根の先で繁殖し、症状が出るたびに繰り返し治療が必要になります。
 
そのため、根の治療は慎重に行う必要があります。根の中を視認できるマイクロスコープを使用することで根の細部まで確認できるので、精密な治療を行うことができ、安心です。
 
 
根の治療が終わった後には、その歯の根を補強するための土台をつけて、その後被せ物を装着していきます。
 
 

歯髄炎を放置してしまうと…

 
歯髄炎のまま放置してしまうといつの間にか痛みがなくなっていくことがあります。
 
これは、治ったのではなく、神経が死んでしまったためです。
 
虫歯でなくとも、交通事故などの外傷で歯に強い力が加わった時に、その衝撃で歯髄が死んでしまうこともあります。
 
また、まれに日常的に強い歯ぎしりをしている場合にも神経が死んでしまう可能性があります。
 
 
一方、虫歯菌の感染が原因の歯髄炎は、時間が経過すると根の中で細菌がどんどん増殖して、結果においの原因になります。
 
また、根の中で細菌が繁殖すれば、内圧が高まって再度痛みが出てきます。
 
そして、その状態が続くと、根の先にまで炎症を起こして、歯茎の腫れ、痛みにつながります。
 
また、繁殖した細菌を免疫細胞が攻撃すれば、それが膿となり、根の先に膿の袋のようなものを形成します。
 
膿の袋を圧迫するので、かむと強い痛みが出ることもあります。
 
 
膿の袋のみを形成している間は、そこから膿が出ることができずに痛みが持続しますが、歯茎におできのような『できもの』ができて、膿の排出路ができると、一時的に痛みが落ち着くことがあります。
 
しかし、根の中が細菌感染した状態が続けば、痛みを伴った歯茎の腫れを繰り返すことになります。
 
この場合、歯髄を除去する治療と同じように、洗浄と消毒をしていきますが、根の中の細菌数を症状が改善する程度に減らすまで洗浄と消毒を繰り返す必要があります。
 
そのため、膿の袋が大きいほど治療に時間や回数がかかります。
 
虫歯は初期の症状では冷たいものがしみる程度ですが、進行するごとに熱いものがしみたりかんだら痛み出るなど症状が変わってきます。
 
早い段階で治療をすると、痛みも少なく治療期間も早く終わレますのでので、歯の不具合を感じたら早めに受診することをおすすめします。
 
 

この記事の執筆監修者

 
dr-hirakawa平河 貴大 先生 (ひらかわ歯科医院 院長)

経歴:九州大学歯学部 卒業

所属学会:日本歯科保存学会

マンガへ

説明動画へ

掲載をご希望の医院様用お問い合わせフォームへ

歯科のホームページ制作|ゼロメディカル

ページ上部へ戻る

© 2016 歯医者の選び方・見分け方が変わる デンタルマイクロスコープClinic